2021年 6月 18日 (金)

アメリカ人に「1日3時間労働」批判され反発 「それがフランスの働き方だ」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

失業率10%超えでも「フランス人に生まれたかった」?

   EUは2013年のユーロ圏GDP成長率をマイナス0.3%と発表したが、フランスの落ち込みが与える影響が少なくないと言われている。

   失業率は10%を超え、さらに上昇が見込まれている。大手自動車メーカーのルノーやプジョーでは、共に8000人規模のリストラが予定されている。雇われている人の労働時間は短いが、全体として「天国のような国」というわけにはいかないようだ。

   それでも日本のネットユーザーからは、「フランスの働き方」はうらやましいと絶賛する声が上がっている。

「すごくね? 3時間で全てがまかなえるって」
「うらやましすぎる。フランス人に生まれたかった」

   ただでさえ総労働時間が日本より年間で15%も少ないのに、その中に「おしゃべり1日3時間」が含まれているとは…。日頃「徹夜してでも納期は守れ」と言われているという男性は、「生きるために仕事してんだか、仕事するために生きてんだかわかんね」と嘆いている。

   フランス人なら、おそらく「生きるために決まってるだろ」と言い切ることだろう。米WSJによると、生産回復相はCEOの批判に対し「あなたの言い様はひどい侮辱であり、われわれの国フランスに対する完全な無知を示している」と強く反発しているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中