2021年 6月 14日 (月)

会社説明会のドタキャン 「自己チュー過ぎる」と言えるのか?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

ある程度のドタキャンは織り込むしかないか

   そもそも説明会やセミナーを企業が無料で開催するのは、数多くの参加者を集めることが自社のメリットになるから。ドタキャンを減らすためには、高額な費用を設定すればよいが、それでは参加者が減ってしまう。

   結局は、ぜひとも参加したくなるような魅力的な説明会メニューを準備するしかない。「やっぱりなんかつまらなそう」と思わせる企画ばかりなら、ドタキャン率はさらに増えるだろう。

   ある程度のドタキャン率は、あらかじめ見越しておくべきだと開き直る人もいる。自分に明らかな不利益が出なければ、利己的な態度をとるのは普通のことだというのだ。

「大学生が非常識だというくらいでビビッてるから、国際競争に勝てねぇんだよ」

   企業だって社会的責任を果たさず、義務を守らないくせに、学生にだけ注文を出しているのはおかしいと、筋違いと思える批判をする人すらいる。

「労働基準法をまともに守っていない会社がほとんどだからな。学生の非常識を責められたもんじゃないだろう」

   ただ、こういう流れがさらに増えれば、約束をきちんと守り、どうしても守れないときは礼儀正しく詫びる学生が、担当者の好感度を上げるチャンスが増えるかもしれない。

   とはいえ、学生の間には困ったときの「詫び文」のマニュアルが出回っているという話もあり、誰が本当に誠実な学生なのか、見分けるのは簡単ではなさそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中