2020年 10月 29日 (木)

どこにもない「安定」の話をしたがる人が多すぎやしないか

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

大企業に入ったことが裏目に出たと気づくこともある

   海外で働くことも、これと全く一緒です。インドネシアに転職すれば、いまなら初任給で16~18万円くらいもらえて、運転手付きの車が支給され、綺麗なマンションに住むことができ、物価も安いので金銭的に余裕がある生活ができる人がいるのは事実です。

   ただそれは「インドネシアの優良企業に入社すれば、誰もが安定した生活を保証される」という意味ではありません。今後経済が大失墜して日系企業が全部撤退するかもしれない。自身の能力不足でクビになり、再就職先がみつからないかもしれません。大気汚染で身体を壊すかもしれない。

   しかしそれは、日本の大企業で働いていても起こりうることです。過重労働で身体を壊すかもしれず、企業業績が大悪化して大リストラが行われるかもしれない。

   確かに日本の大企業に運よく入れば、能力不足でもしばらく閑職で雇ってもらえる確率が高いでしょう。でも、大した経験も積まないまま中年になって会社から放り出されたとき、大企業に所属していたことが裏目に出たと気づくこともあるのではないでしょうか。

   しっかりとしたスキルを積み上げ、会社に貢献し、お客さまや取引先に価値を提供できる人であれば、学歴が高くなくたって、転職したり起業したりという選択肢が自ずと出てきます。その中から、自分の進む道を選んで時代の変化を乗り越えていく。人生なんてその繰り返しです。

   10年以上前に外資系企業に入った私にとって、この考えは当然のことなのですが、実は多くの人にとっては少数派の考え方だったと最近気づかされました。海外就職も日本の大企業も外資系企業も、入社はただのスタート地点。大切なのはその後の道のりをどうやって歩んでいくかということ。頑張って生き抜いていきましょう!(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中