2021年 9月 22日 (水)

プレゼン資料をパクる先輩が嫌 「私の心が狭いのでしょうか?」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

パクられ用に「デタラメなデータを作る」案も

   仕事の早いビジネスパーソンは「社内のリソースをうまく利用する」といいます。その先輩も、普段は会社を牽引するような仕事をしていて、社内プレゼンの準備に時間が割けなかったのかもしれません。

   そんな可能性をよそに、回答者からは「次にデータを要求されたときの対抗策」が寄せられています。doorakanaiさんのアイデアはこうです。

「渡してもいいデータを作ります。先輩に2、3割ぐらいしかできてないデータをあげます。最新データより数ページ分足りなくても気にしない」

   確かに、先輩に「何に使うんですか?」と尋ねたり、「送りたくありません!」と断ったりするよりも負担がかからず、角も立ちません。nfplanさんのアイデアは、さらに徹底しています。

「パクられるのは承知の上で、デタラメなデータな資料も作っておきます。そして『参考にさせてほしい』なんて依頼があったら、そちらのデータの資料を渡します。『まだ作成途中なんですけど…』とか言いながら」

   仕事がデジタル環境で行われるようになって、データを簡単にコピーできるようになりました。みんながお互いに流用しあえば、みんなで楽をすることができるはずですが、人の意識はなかなか変わらないようです。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中