「犬がいるので長時間働けない」 面接で正直に言うべきか

印刷

   Q&AサイトのOKWaveに、こんな相談が載っていました。質問者のteriosakuriさんは、30代の主婦。前職の会社を辞め、現在パートで働ける職場を探しています。

   先日ウェブでエントリーした求人は、「勤務時間:11時半から19時(シフト制)」となっていましたが、希望欄に「1日4~5時間、週3日を希望」と記入しました。短時間しか働けないのは「犬のため」。夫婦には子どもがおらず、7か月の小型犬を子どものように可愛がっているのだそうです。

回答者「私が面接担当ならそれだけでお断り」

夫も「なるべく家にいてあげて欲しい」
夫も「なるべく家にいてあげて欲しい」

   仕事に出ている間はケージの中で留守番をさせるしかありませんが、長時間そのままにしておくことができません。夫も「犬のためになるべく家にいてあげて欲しい」と言います。

   しかし他人にとっては、しょせん犬。「なぜ短時間しか働けないのですか?」と尋ねられて、正直に理由を言うと「は? こいつ何言ってんの?」と思われるのではないかと心配しています。

   かといって理由を偽ると、その後もウソをつき続けなければならず…。元々ウソが苦手なので、そのうちボロが出てしまうと思うとできません。

   もし面接で尋ねられたら、どう説明すればいいのか。そう悩む質問者さんに、回答者からは「私が面接担当ならそれだけでお断り」という意見が寄せられました。

「我が家もペットの犬がいて家族と同じですが、仕事に優先させるかと言えばノーです。ペットを飼うことは自由ですが、仕事に影響を与えてよいとは思いません。その期間は誰かに預けるとか別な対応が必要です」(yosifuji20さん)

   実際、娘の上司がペットの死亡で有給休暇を取ったときには、周囲がびっくりしたそうで、そういう反応の方が「常識に近い」と言っています。

   会社で面接担当をしているというinababzさんも、「正直、その理由を言われたら、私は採用しません」「犬が理由で短時間労働しかできませんって言われたら、印象は悪いですよ」と答えます。

   これには質問者さんが「私は仕事よりも(犬を)優先させたい、というか犬のことと仕事のことをうまく両立させたい」と、仕事最優先にはできないと改めて主張。回答を踏まえて「やはり正直には話さないほうがよさそうですね」とつぶやいています。

「変に隠されるより高得点」と励ます人も

   一方、他の回答者からは「正直に言った方がいいのでは」という助言も出ています。suzuyaharu125さんによると、「介護や子育てなどより軽い理由」なので、採用側としては「むしろ好都合」と受け取られる可能性もあるのだろうです。

「採用側は当初の約束とは別に、『その家庭の事情とやらで急に休まれたり辞められたら困る』『もし他のパートが辞めたり休んだ時に臨時のシフトに入れるか』に関心があるからです。私が採用担当なら変に隠されたり、重い理由を言われるよりずっと高得点です」

   確かに、人の手配をする側から見ると、対応が必要になる突発的な出来事がいちばん困るもの。確実にシフトに入ってくれるのであれば、長時間働けない理由が犬であろうと猫であろうと、あまり関係ないのかもしれません。

   これには質問者さんも「私が採用担当でもそう思います」と大喜び。毎日8~9時間家を空けるのは無理でも、月に2回程度はフルタイムで働くことはできそうですし、他の人の代わりも「柔軟に対応していきたい」と言っています。

   結局、本当のことをできるだけうまく説明し、「それで採用されなければ諦めて短い時間でもいい所を探します」と決意を固めたようです。全員が仕事最優先で我慢するのではなく、誰もが私的な事情を尊重し合って働けるといいですね。

岩合光昭:いぬ
岩合光昭:いぬ
  • 発売元: クレヴィス
  • 価格: ¥ 1,680
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中