2020年 9月 18日 (金)

「女性が本当に食べたいと思う商品にしたい」――エースコック・スープはるさめ「なでしこプロジェクト」の挑戦

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   女性がメインターゲットなのに、商品開発や販売に携わるスタッフは男性ばかり――。そんな会社はないだろうか。何年かに一度、思いついたように若い女性を集めても、検討結果が男性上司やスタッフに認められることは少ない。

「こんなもの、ウチじゃ作れないね。現場をもっと知ってもらわないと!」
「こんなんじゃ売れないだろ? そもそもウチのお客っていうのはさ…」

   そんなダメ出しで、せっかくの妙案がボツになったという例をよく聞く。そんな中、女性の粘り強い取組みが花開いた例があるという。発売12年目を迎えたエースコック「スープはるさめ」のリニューアルに携わった女性たち。名前は「なでしこプロジェクト」だ。

「男性が多い組織」では出なかった問題点を指摘

「女性ならではの商品開発の視点を活かしたかった」という商品開発グループ主任の金谷美香さん(入社8年目)
「女性ならではの商品開発の視点を活かしたかった」という商品開発グループ主任の金谷美香さん(入社8年目)

   エースコックといえば、「スーパーカップ1.5倍」「JANJAN」など即席めんが主力の大阪・吹田市の会社。主要顧客は20代から50代の男性で、当然ながら分かりやすくハッキリした濃い味を求める人が多い。商品開発も男性が中心だ。

   「スープはるさめ」は2001年、新しい市場を開拓する商品として開発された。カロリー控えめ のはるさめとの組み合わせでヘルシーというイメージを打ち出し、コンビニを中心に「カップめんはちょっと…」という女性にも受け入れられた。

   しかし、発売から10年以上が経過し、売上が伸び悩む。そこであらためて、元々の「女性に愛される商品」というコンセプトに立ち返り、2011年にリニューアルが検討された。

   商品開発グループの増岡仁良マネージャー(当時)が「若い視点を活かせるメンバー」という基準で招集したのは、20代から30代前半の若い女性たち。開発研究、商品開発、広告宣伝の部門から、計6人が選ばれた。

「男性が多い組織の中で、女性ならではの商品開発の視点が活かせないことが正直あった」

   そう告白するのは、商品開発グループ主任の金谷美香さん(入社8年目)。これまでも女性向け商品の提案をしてきたが、社内の意思決定をなかなか通らずにいた。男性向けラーメン一筋のベテラン社員から見れば、若い女性の発想は「消費者に理解されにくい」と思われたのかもしれない。

「ラーメンスープをベースにしていたので、ウチの商品は食べた瞬間に味がハッキリ分かる『先味』が立つように作られていたのでは」
「おいしいけど、後味が全部同じに感じる」「これでは女性は飲み干せない」

   集まった「なでしこプロジェクト」のメンバーからは、購入者の視点から従来商品の問題点を鋭く指摘する意見も出された。プロジェクトに男性上司が入っていたら、なかなか言い出しにくかったことだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
エースコック スープはるさめ 担担味 33g×6個
エースコック スープはるさめ 担担味 33g×6個
  • 発売元: エースコック
  • 価格: ¥ 806 (15% OFF)
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中