2020年 9月 20日 (日)

がん経験者の「ピア・サポート活動」 各地で広がる支援の「輪」

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   がんを患った人が抱える不安や悩みは、とてつもなく大きい。それらを少しでも解消していくことは、がん治療の重要なポイントといえる。近年は医者や病院だけでなく、かつて同じようにがんを経験した人たちによる、がん患者を支える動きが活発になっている。

   がん患者に対し、同じ立場を経験した人が、将来の不安や生活面での悩みについて相談に乗っていく。がんの「ピア・サポート」とよばれるこの活動は、がん患者会などが主体となって行われており、新たながん患者の支援として注目を集めている。

シンプルな「励ましの言葉」でも、大きな価値を持つ

患者だけでなくその家族や遺族にとっても体験者の言葉は支えになる
患者だけでなくその家族や遺族にとっても体験者の言葉は支えになる

   神奈川県を中心に、がんのピア・サポート事業を展開するキャンサーネットジャパンの川上祥子さんは、「時にはお医者さんより、体験者から伝える方がよいことがある」という。たとえば、抗がん剤により毛髪が減少していくことへのアドバイスやメンタルケア、あるいはもっとシンプルな励ましの言葉でも、同じ体験をした人のひと言は、患者にとって大きな価値を持つケースがある。

   ピア・サポートという支援の形は、もともと、エイズやアルコール依存症など、さまざまなジャンルで行われてきた。これらが近年、がんの領域において広がり始めたきっかけは、2012年に改定された「がん対策基本法」。このなかで、「国や地方自治体は、がん患者・経験者のピア・サポート充実に努める」と明文化されたことが、活動に拍車をかけた。

   これまで、がんのピア・サポートは、患者団体・支援団体らによって推進され、病院の場を借りて、「患者サロン」のような形や、あるいは対面で相談に応じることなどが多かった。

   だが、がんを一度は乗り越え社会復帰した人の中にも、再発や転移などの不安を抱える人は多く、そのような悩みに対応するために、病院以外のスペースにピア・サポートの拠点を設ける相模原市の例もある。病院外でのピア・サポートでは、がん患者だけでなく、その家族や友人・恋人、あるいは遺族が訪れ、体験者の立場からのアドバイスを求めることも多いという。

アメリカンホーム保険が、がん経験者が抱える「従来のがん保険に入れない」という悩みに応えるため、開発したがん保険。過去2年以内にがんで入院・手術をせず、健康状態に関して一定条件を満たしていれば、お申込みいただけます。※告知いただいた内容によってはご加入いただけない場合があります。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中