「俺ができたんだから、お前にもできるはず」を押しつけるモーレツ社長

印刷

   高卒で就職後、がむしゃらに働き、30代半ばで独立して機械商社を立ち上げたS社長。彼とは10年来のつき合いです。会社の業績は順調、社内の風通しも悪くないのですが、このところ会うたびに社長の愚痴が増えています。

「会社の受注成果は、元々は俺がもらってきた仕事ばかり。拡大営業は今でも俺の仕事だけど、いつまでもそれでいいわけないよな。とにかく後継を育てなくちゃと、最近は俺のやり方を社員に伝授し始めたんだが、彼らは言った通りにやらないんだ。本当に怠け者ばっかりで、ほとほと疲れるよ」

自信を支えた「学歴はないが身体を張ってきた」という自負

「俺の言ったとおりにやれば、必ず結果が出るはずだ」
「俺の言ったとおりにやれば、必ず結果が出るはずだ」

   社長のたゆまぬ営業活動で、取引先を増やし、取引を太くしてきたS社。昔からとにかくココを攻めると決めたら、徹底的に訪問してきました。

   顔を売って仲良くなって、相手が何か相談したい時に必ずその場にいるというのが勝ちパターン。学歴もない自分が身体を使って実績を上げてきた、という自負があります。

「よその会社じゃ『もっと頭を使え』って言うらしいけど、うちじゃそんな理不尽なことは言わない。自分の経験を話し、『学のない俺にできたことはお前にもできるんだから、とにかくやってみろ』と指導しているだけなんだよ」

   話を聞いて、社員が動かないのには何か理由がありそうだと、職業的興味がふつふつと湧いてきました。そこで、期末の打ち上げに顔を出した帰路、電車の中で営業のT部長にワンカップをご馳走しながら、この話を振ってみました。すると部長の顔色が一気に曇りました。

「あー、それね…。いやぁ、困っているところなんですよ。結局のところ、みんなが自信喪失状態なのが分かってもらえないと言うか……」

   T部長は「社長には絶対内緒」を条件に、口を開いてくれました。社長は自分がやってきたやり方に自信を持ちすぎて、そのとおりにやれば失敗はあり得ないと思っているのだそうです。

   そのうえ社長はせっかちで、結果を急かされた社員は顧客に嫌がられて成約を逃したうえに、社長から「俺にでもできることすらできていない」と叱責され、自信を喪失している――。社長の知らないところで、こんなムードが広がっていたようです。

どう伝えるか「社員は自分とは違う人間である」

   そんな状況にT部長は、「結果を急いで失敗し自信をなくすよりも、顧客にじっくり向かって怒られる方がマシ」と判断し、社長からの責めを一手に引き受けているのでした。

「社長は社長になるような人なんだから、ちょっと特別に人なんですよ。社長ができたことは、決して皆ができることじゃないんですよね。彼にはそれが分かっていない」

   その一言が、問題の核心を突いているように思いました。社長には理にかなっていると思える指示も、社員にとっては全く理にかなわない理不尽な指示になってしまうことが間々あるのです。社長と社員では年齢も違いますし、考え方も能力もやり方も性格も立場も違います。

   高度成長期の昔と低成長期のいまでは、顧客の状況もまったく違います。もっと言えば、お客だって「相手が旧知のS社長だから」新しい仕事を発注していることもあるでしょう。

   「それは社長の体験であって、社長だからできたんです」と言いたくても、社員は面と向かって言うことができません。社長という立場の強さを理解しないと陥りやすい過ちです。これが行き過ぎると、パワハラ状態に陥ってしまいます。

   結局、S社長には「社員は自分とは違う人間である」「人間は簡単には変えられないし、人のタイプに合ったやり方を見つけさせるのもマネジメントだ」ということを伝えなければならないのでしょう。しかしその機会は、今のところまだ訪れていません。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中