「職場でアイプチしていいですか?」 新入社員研修の質問に当惑

印刷

   女性のファッションに対する職場の感覚は、ここ数年で大きく変わっているようだ。数年前まで「茶髪の新人が。信じられない」「長いネイルでパソコン打てるのか」と批判されていたが、いまでは仕事に支障がない限り、自由という会社が増えているのではないか。

   とはいえ、次々と新しいファッションアイテムが出てくると、「これは本当に大丈夫なのか」「なるべくやめておいた方が無難」と腰が引けるのも事実。派遣スタッフの教育研修を担当するある社員は、新人から「まつエク」「アイプチ」への質問にさらされて、頭を抱えている。

「していない姿、彼氏にも見せないのに…」

――中小派遣会社の人事担当です。来月から派遣する新卒スタッフに研修を行なっているところです。いまのところ、基本的なあいさつなどのマナーが中心です。

   そこで出席者から、服装では何に気をつけたらいいのか質問されました。原則的には派遣先のドレスコード(服装規程)に合わせ、キャミソールやタンクトップなどは仮に派遣先の社員が着ていても真似しないなど最低限の基準について説明しました。

   すると出席者から、こんな質問が次々と出されました。

「あの、メイクってどこまでやっていいんですか」
「つけまとか、まつエクはいいんですよね」
「わたし、アイプチ常用してるんですけど」

   いちおう社内のマニュアルには、化粧はナチュラルに見せて好感を持たせるということになっていますが、最近一般化している「つけま」(つけまつ毛)については、特に言及はありません。

   ましてやアイプチのような二重まぶた用のシールや糊、まつげを伸ばす「まつエク」(まつ毛エクステンション)などは、まったくの想定外。そこで「なるべくやめた方がいいと思うんですが…」と答えたところ、自信のなさがバレたのか、

「えー、つけまがないと困ります」
「アイプチしてない姿、彼氏にも見せないのに…」

などと反論が続々。結局は「部に持ち帰って検討してから回答します」ということにせざるを得ませんでした。こういうことは他の会社で、どうやって対応しているでしょうか――

社会保険労務士・野崎大輔の視点
ガイドラインを作成し、違反者には厳しい処分を

   派遣スタッフの質の維持は、派遣会社のサービスのひとつであり、服装やメイクの基準(ドレスコード)は事細かに決めておいた方がいいでしょう。アイプチやまつエクを含め、会社として許可すべきかどうか原則を決め、ガイドラインを作成すべきです。スタッフにもきちんと守らせ、それに違反した状態について派遣先からクレームが来た場合、雇用契約を解除することもできるでしょう。基準は派遣スタッフの希望を聞く必要はなく、会社として毅然とした態度で決めてください。その代わり、基準はそれなりの合理性、納得性があるものでなければ、それを破った場合のペナルティは困難になります。

   例えば、いまどき髪の毛を多少染めていても派遣先は文句を言わないと思うので、「髪の色を一切染めてはいけない」というのは行き過ぎたルールになります。ご相談にはありませんが、派遣会社の内勤社員にも当然ドレスコードが必要で、派遣スタッフにルールを守らせる手前、より強く規律を維持するつもりでいた方がいいと思います。

臨床心理士・尾崎健一の視点
社会人の自覚を持ち自分で考える。過剰規制は不要では

   確かに「ファッションは個人の自由」ではありますが、仕事をする上では周囲への配慮が必要で、顧客や派遣先次第の部分もあると研修で理解してもらうことが大事です。人にはいろいろな考え方があり、自分が他人に合わせなければいけない場合もある、という基本的なスタンスを理解することが社会人として重要であり、学生との違いです。

   思い起こせば「ピアスはいいのか」「茶髪はいいのか」という議論も、時代の変化によって許容範囲がだいぶ変わりました。営業や事務など職種によっても、問題となる基準は変わります。ファッションは時代で大きく変わるので、いくらガイドラインでカバーしようと思ってもイタチごっこになってしまいます。必ず守るべき部分をのぞいては、ルール化を諦めて自分で考えてもらっていいのではないでしょうか。研修では「いま求められる常識は何か」について、出席者で意見交換を行った方が実効性が高いと思います。

職場でアイプチしている女性社員、許せますか?
許せる
許せない
尾崎 健一(おざき・けんいち)
臨床心理士、シニア産業カウンセラー。コンピュータ会社勤務後、早稲田大学大学院で臨床心理学を学ぶ。クリニックの心理相談室、外資系企業の人事部、EAP(従業員支援プログラム)会社勤務を経て2007年に独立。株式会社ライフワーク・ストレスアカデミーを設立し、メンタルヘルスの仕組みづくりや人事労務問題のコンサルティングを行っている。単著に『職場でうつの人と上手に接するヒント』(TAC出版)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。

野崎 大輔(のざき・だいすけ)

特定社会保険労務士、Hunt&Company社会保険労務士事務所代表。フリーター、上場企業の人事部勤務などを経て、2008年8月独立。企業の人事部を対象に「自分の頭で考え、モチベーションを高め、行動する」自律型人材の育成を支援し、社員が自発的に行動する組織作りに注力している。一方で労使トラブルの解決も行っている。単著に『できコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中