2020年 10月 27日 (火)

もし「がん」になったら かかる「費用」とかけるべき「備え」は?

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

先進医療である「陽子線治療」を利用すると、平均約260万円

   忘れてならないのが先進医療だ。もし、局所的に限定された状態の陽子線治療を行なうとすると、生命保険文化センターのデータでは、平均約260万円の技術料がかかる。入院費や薬代は健康保険が適用されるが、技術料だけは全額本人負担となる。

   子どもの進学や老後の資金はイメージしていても、病気への備えは想定していないのでは。医療費に加えて、入院中は働けず収入がないことになる。

   大手企業ならいざ知らず、有給休暇とは別枠で傷病休暇まで備えた中小企業は少ない。そうなると、保険の備えは欠かせないのかもしれない。公的制度などをきちんと理解しておくことも、重要になるだろう。

アメリカンホーム保険が、がん経験者が抱える「従来のがん保険に入れない」という悩みに応えるため、開発したがん保険。過去2年以内にがんで入院・手術をせず、健康状態に関して一定条件を満たしていれば、お申込みいただけます。※告知いただいた内容によってはご加入いただけない場合があります。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中