2021年 9月 27日 (月)

勇気を持って他人と違うことをした人が、いま大きな報酬を得ている

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

就職・転職は需要と供給に大きく左右される

   まだ他の人が注目していなかった時期から、インドネシア人と一緒に仕事をしたり、インドネシアにある日系企業とのコネクションがあったりする日本人は、いまインドネシアで積極展開をしようとしている企業からしてみれば非常に魅力的な人材なのです。

   人材会社の社員も、「優秀な現地採用の人を採用したい会社はたくさんあるのですが、なかなか転職してくれないんですよね」と嘆いていました。きっと数年前までは、ここまで注目されるとは思っていなかったでしょう。

   就職・転職というのは、本人の能力以上に、その時点での需要と供給に大きく左右されます。特に、実績を示せない若い人に関してはそれが顕著です。

   昨年までジャカルタで就職した人は、このバランスが求職者有利に働いていたため、チャンスを掴める確率が大きかったと思います。そこで掴んだチャンスを活かしてキャリアを積んだ人は、しばらくは仕事に困ることはないと思います。

   ただ、この原稿を書いているとき、職歴なしの知人男性がインドネシアの日系企業に内定をもらったと連絡がありました。昨年ほどではないにしろ、ジャカルタにはまだまだチャンスがあります。興味のある方は是非チャレンジしてみてください。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中