2020年 7月 17日 (金)

相場が大きく動いた今こそ「横領」リスクを注視すべき

印刷
ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   今年の流行語大賞の有力候補「アベノミクス」。その効果でホクホク顔の個人投資家もたくさんいるだろう。しかし、相場は水物。浮かれ過ぎると、気づいたら奈落の底にということもある。

   特に、株の信用取引やFXなど、レバレッジを効かせた取引には要注意だ。5月25日、勤務先のビジネスコンサルティング会社から1億3000万円を横領した容疑で逮捕された元社員A(男性、48才)も、着服金のほとんどをFX取引に流用したそうだ。

FXで焦げ付き。役者に「取引先」演じさせて偽装工作

不正をする人は「ちょっとだけ拝借」と心の中で正当化しがち
不正をする人は「ちょっとだけ拝借」と心の中で正当化しがち

   Aは売掛金回収の管理責任者の立場を悪用して、勝手に会社名義の口座を開設。クライアントにコンサルティング料を振り込ませ、2008年4月から09年4月の1年間に12回にわたり着服を繰り返した。警察はAが05年以降、同様の手口で約3億円を横領したとみて余罪を追及していく。

   Aは入念な隠ぺい工作もしている。まず取引先を装ったメアドを作り、そこから「支払いが遅れ申し訳ありません」という自作メールを勤務先に送信。それを上司に見せて回収遅延を偽装していた。

   さらにタレント事務所に手配した俳優に取引先の担当者役をやらせ、上司の前でお詫びまでさせていたそうだ。以前不正対策のセミナーで、役者に取引先役をやらせて会計監査人を騙した海外の事例を聞き、「そこまでするのか」と妙に感心したのを思い出した。

   Aはなんだかんだと時間を稼いで、その間にFXで儲けて元に戻そうという算段だったのかもしれない。しかし相場の読みがことごとく裏目に出て、横領を手じまいできないまま社内調査で不正が発覚。Aは依願退職したが、その後刑事告訴され今回お縄となった。

   競馬などのギャンブルと並んで、「FXや株取引に失敗して」というのも典型的な横領の動機である。この手の横領犯はほぼ間違いなく「そのうちに取り戻せる」「そうすればすべてが丸く収まる」「だからちょっとだけ拝借させてもらおう」と心の中で正当化の理由を念仏のように唱えながら、会社のカネに手を出してしまうのである。

   横領犯がしばしば「ちょっとだけ借りてあとで返す」という正当化を行うことを考えると、今回のようなアベノミクスのような相場が動いたときほど、横領のリスクは高まるのかもしれない。いまこそ「うちの会社は大丈夫か?」と引き締めるときではないだろうか。

甘粕潔(あまかす・きよし)
1965年生まれ。公認不正検査士(CFE)。地方銀行、リスク管理支援会社勤務を経て現職。企業倫理・不祥事防止に関する研修講師、コンプライアンス態勢強化支援等に従事。企業の社外監査役、コンプライアンス委員、大学院講師等も歴任。『よくわかる金融機関の不祥事件対策』(共著)、『企業不正対策ハンドブック-防止と発見』(共訳)ほか。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
子育てママでもガンガン稼げる FXで月100万円稼ぐ私の方法
子育てママでもガンガン稼げる FXで月100万円稼ぐ私の方法
  • 発売元: ダイヤモンド社
  • 価格: ¥ 1,365
  • 発売日: 2013/04/26
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中