売上以外は「非公開」 そんな社長に社員はついてこない

印刷

   先日機械商社オーナーのA社長を訪ねると、いきなりこんなグチを聞かされました。前の日に営業と総務の部長が社長のところにやってきて、「社員から『うちの給料はいつ上がるんだ』という声が上がり始めたのですが」と相談があったのだそうです。

「要は給料上げろってことだろ? バカ言ってんじゃない。景気が良かろうが悪かろうが、利益が増えれば一人あたりの付加価値が高まって、還元できるものが増える訳だ。先行きは明るくなりつつあるけど、昇給なんて状況にはまだまだ程遠いよ」

収益状況を知らなければ「会社の事情」も分からない

「由らしむべし、知らしむべからず」と思っているのか
「由らしむべし、知らしむべからず」と思っているのか

   私は一旦その話を聞き流したのですが、部長が2人で直談判に来たというのが気になったので、面識のある総務部長にことの経緯を尋ねてみました。

   部長によると、業界内は公共投資の増加を当て込んでか、同じような規模の中堅企業でも給与や賞与を上げる動きが出始めた、との噂話が流れたとのこと。

「社員の中には『給与が上がらないなら転職活動に動く』と宣言する者まで出てきたもので、これはちょっとマズイかなと思って社長にお話ししたわけです」

   社長が考える給与アップの判断基準は、あくまで収益の向上。一方社員は、世の中の動き、特に業界内のトレンドを基準としています。それはそうでしょう。社員には転職する権利があるのですから。

   社員の動きは性急に思われますが、他社の動きだけで物事を判断するのもやむを得ない面があります。というのもこの会社では、売上以外の経営指標は社内にも非公開という方針を貫き、目標はすべて売上一本で管理されているのです。

   オーナー系の未上場にはありがちですが、社員は自社の収益を知るすべもないのですから、会社の事情など考えないのも無理からぬところです。そこで部長から聞いた話を確認すると、社長は色をなして怒り出しました。

「なんだい、大関さんまで右へならえで、社員の給与を上げてやれとでも言うのかい? 他が給与を上げたからなんて、およそコンサンルタントとは思えんな。うちはうち、よそはよそだ。上げないものは上げないよ!」

会社の方針に説得力を持たせる「見せる化」

   A社長が売上以外の経営指標を非公開にしているのには、理由があります。同社の経費関係には、節税を目的としたオーナー家がらみのものが多いからです。

   社員への説明がしにくいとの判断から、これまで社長の意向でフタをしてきました。私は損益実態の社内開示を提案してきたのですが、これといったキッカケがつかめないまま社長はなかなか首を縦に振ってはくれません。私はもうチャンスはここしかないと思い、腹を決めてこう指摘しました。

「理由もなく他社に追随する必要はありません。でも、社員が賃上げを希望する以上、社長もできない理由を明確にしなくてもいいのですか。転職を考える者まで出始めているのなら、ここまで利益が上がったら給与を引き上げるなど、もう少し納得性の高い説明をする必要があるはずです」

   私は「会社の方針に説得力を持たせるのは、経営者の言動の裏付けを開示する『経営の見せる化』ですよ」と提言すると、社長は「なるほど。製造現場の『見える化』はよく耳にするけど、経営には『見せる化』が必要というわけか」と、ようやく耳を傾けてくれることになりました。まずは各部長とともに開示データを整備して、上期末に説明会を開催する予定です。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中