横領弁護士の法廷証言にみる「不正のトライアングル」

印刷

   「成年後見人制度」を悪用した弁護士や司法書士による預り金等の横領事件が、過去3年間で約30件にのぼっているそうだ。高い倫理観を備えるべき弁護士による不祥事の増加に、日弁連も強い危機感を抱いている。

   この背景には、弁護士人口の増加による競争激化があるのかもしれない。しかし、同じような厳しい境遇にありながらも、ほとんどの弁護士は使命感と倫理観を維持して依頼人のために尽力している。

   だから、単に「金に困ったから」というだけでは説明がつかない。横領する人間の心理はもっと入り組んでおり、いろいろな状況が重なり合って、間違った方向に一歩二歩と進んでしまうのである。

愛人と生活、妻に送金で「残高が足りない」

「動機」「機会」「正当化」…3つの要素が揃ってしまった
「動機」「機会」「正当化」…3つの要素が揃ってしまった

   知的障がいのある男性の成年後見人を務めていた弁護士A(52歳)が、男性の口座から現金1200万円を着服した。この事件の裁判の様子を、6月8日付のMSN産経ニュースが細かく伝えている。その中にあるAの供述が、横領犯の心理を探るのに参考になる。

   不正に手を染めたきっかけは女性問題だった。妻に不倫がばれて別居。愛人と生活しつつ、妻子に毎月数十万円の生活費を送金する必要が生じて、100万円以上の月収をもってしても出費が賄えなくなっていったらしい。

   カネに困ったら、出費を切り詰めるのが真っ当な解決策だ。Aも愛人と別れ、妻に頭を下げてよりを戻すなり、安アパートで一人暮らしをするなりすべきだった。しかし、A自身がいみじくも語っているとおり、自分に甘く「心の弱い人間だった」ことが、「横領の動機」を抑え切れなかった原因の一つだろう。

   さらに、弁護士に対する依頼人の信頼が「横領の機会」を与え、資金管理がずさんなAはそれを悪用してしまった。本来であれば「個人の財産」と「弁護士報酬」「依頼人からの預り金」は明確に分けて管理すべきだが、Aは1つの預金口座でどんぶり勘定にしており、入出金はすべて1人で処理し、帳簿もきちんと付けていなかった。

   依頼人は弁護士を信頼して、いちいち預け金残高のチェックなどは行わない。個人事務所であれば、企業のような監査機能もない。そうなると、A弁護士事務所の内部統制はAの自己規律のみに依存するあやうい状態となる。

   そしてある日、依頼人の一人から預り金の返還を求められたAは、口座の残高が足りないことに気づいた。この期に及んで道を誤らないための最後の砦は、まさに誠実性や倫理観といわれるものだ。しかしAは、成年後見人として預かっていた男性の預金口座から資金を不正に流用してしまう。

「優しい目」と「厳しい目」で見守る相談相手を持つ

   そのときの心境について、Aはこう語っている。

「最初に着服したとき、これをやったら自分一人の問題でなくなることを自覚していた」

   わかっていたのに、なぜ手を出したのか。ここでも心の弱さが露呈した。Aは「そのうちに大きな報酬が入れば穴埋めできる」と安易に考え、「横領の正当化」に至ったのだ。

   Aは事務所の職員に「収入が少ないのがばれてしまうのが恥ずかしかった」とも供述している。恐らく愛人に対しても見栄を張っていたのだろう。弁護士としてのおかしなプライドや世間体が邪魔をした面もあったのかもしれない。

   「動機」と「機会」「正当化」――。こうしてAの「不正のトライアングル」が完成した。

   Aの「心の弱さ」は、人間だれでも多かれ少なかれもっている。それを「悪さ」につなげないためには、自律する心とともに、困ったときに素直に相談でき、優しい目と厳しい目をもって見守ってくれる相手を一人でも多く持つことが大切だ。

   日弁連は様々な再発防止策を検討しているようだが、カネに困った弁護士に対する相談窓口や救済融資制度(優しい目)とともに、定年退職した内部監査経験者を嘱託で雇って弁護士事務所の資金管理状態を抜き打ちでチェックする監査制度(厳しい目)を設けてはどうだろうか。(甘粕潔)

甘粕潔(あまかす・きよし)
1965年生まれ。公認不正検査士(CFE)。地方銀行、リスク管理支援会社勤務を経て現職。企業倫理・不祥事防止に関する研修講師、コンプライアンス態勢強化支援等に従事。企業の社外監査役、コンプライアンス委員、大学院講師等も歴任。『よくわかる金融機関の不祥事件対策』(共著)、『企業不正対策ハンドブック-防止と発見』(共訳)ほか。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中