2020年 9月 18日 (金)

「うちの会社はブラックじゃないって!」 噂を立てられ困惑する居酒屋社長

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   県内で6軒の居酒屋を経営する40代の若手社長が、飲み会の席でグチを話してきました。地元の飲食店やお客の間で、社長の会社が「ブラック企業」だという噂が出回っているのだそうです。

「店を回していくために必要なことしかしてないのに、ブラック呼ばわりされてはかなわない。どう否定したらいいものか、本当に参ってますよ」

   噂が出始めたのは、昨年の秋口ごろ。噂がきっかけかどうかは定かではありませんが、年末にも社員が2人ほど退職して他店に移ったのだとか。

同業からの「引き抜き目的の嫌がらせ」と思うけど

ライバル会社が悪い噂を立てて業務を妨害しようとする場合も
ライバル会社が悪い噂を立てて業務を妨害しようとする場合も

   今の若い人たちは「ブラック」という言葉にかなり敏感です。この噂が流れ出したとたん、職場内でも「もしかして、ウチってブラック?」と不安が広がったと感じたそうです。

「年末商戦を前にスタッフの頭数が足りず、同業からの引き抜き目的でウチの元社員が加担しているように思うんだよな。業界ではよくあることだけど」

   飲食業は深夜に及ぶ仕事なので、どこも似たりよったりな職場環境のはず。しかし他人から「お前のところはブラックだろ」と言われれば、恥ずかしくなって辞めてしまうのではないか。

   確かに若い人たちの「ブラック」の定義は曖昧で、必ずしも法令違反の就業ルールを行っている職場ばかりではありません。単に指導が厳しいとか体育会系のノリだとか、そういう側面で決めつけているケースも結構ありそうです。

   私は社長にそう伝え、心当たりがないか尋ねてみると、職場のこんな慣習を明かしてくれました。

(1)朝礼は大声で挨拶をさせている(生鮮品を扱う職場の基本との考え)
(2)会社の経営理念を唱和させている(顧客重視と企業の一体感の醸成)
(3)現場スタッフの指導は「スパルタ式で厳しくいけ」と店長に指示している(不正防止の観点から。体罰はするなと言っている)
(4)全員への目標売上げに対する必達意識のすり込みと、業績を反映した報酬制度
(5)アルバイトから契約社員、正社員への昇格審査は「業績+勤怠+思考」で判断
大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中