自分のスキルが「どこか別の場所で売れないか」を考えてみる

印刷

   前回記事で、仕事には「1.誰にでもできるわけではない仕事」と「2.誰にでもできるが他人の代わりにやる仕事」があると書きました。後者の仕事も社会的に重要であるし、これに喜びを見いだすことももちろんあります。

   また、仕事はこのふたつにすっぱり分断されるわけではなく、1が多い職務の人もいれば、2が多い人もいます。それでも一般的には、1が多い人の方が、仕事が楽しかったり報酬が高くなったりしがちです。今回は、この「誰にでもできない仕事」の割合を多くする方法を考えてみます。

日本人が重用される海外はどこか

エアアジアの機体に描かれたアジア各国のアイコン。あなたのスキルを、どこで売る?
エアアジアの機体に描かれたアジア各国のアイコン。あなたのスキルを、どこで売る?

   仕事をする上で重要なのが、スキルです。つまり「あなたは何ができますか?」ということで、このスキルが突出していれば「誰にでもできない仕事」ができます。

   メジャーリーグで10年間欠かさず200本ヒットを打つスキルや、ワールドカップ予選でPKを真ん中に蹴ってゴールするスキルがあれば、間違いなく「誰にもできない仕事」ができます。

   しかしここまで行かなくても、何かができる技術を持っている人は、その技術がどこで求められているかを知ることが大切です。いくら野球がうまくても、プロ野球リーグがない欧州に行けば高い報酬がもらえないように、自分の技術を売る場所は大切です。

   逆に言うと、自分が今持っている技術がどこで高く買ってもらえるのか、どこに持っていけば「誰にもできない仕事」になり得るかを常に考える必要があります。

   日本では日本語がネイティブに話せることに価値はありませんが、日本人が一人もいない土地に行けば「誰も持っていないスキル」です。そこに、日本語ネイティブが必要な仕事があれば、それはあなたにしかできない仕事になります。

   複数のスキルを組み合わせて「誰も持っていないスキル」にする方法もあります。アジアでは、貿易に関する書類が作成できて、英語と日本語が話せる人はひっぱりだこです。

「自分にはなんの才能もない」ということはない

   さらに、現地語も話せればさらに価値が上がります。会社はしかるべきポストを用意し、そこで結果を出せば、貿易部門の中核人材となり、「あなたしかできない仕事」を得ることができるかもしれません。

   大手家電メーカーの技術者が、新たに市場参入する家庭用プラスチック製品メーカーに転職したり、電機メーカーで電池の開発をしていた人が、自動車メーカーで活躍したり。居場所がなくなったと思っても、それまでの経験を活かせば、新たな場所で再び花開くことができる場合もあるのです。

   「誰にでもできない」と言ってしまうと、選ばれた特別な人にしかできない事のように思えるかも知れませんが、場所を変えたり組み合わせたりすることで生み出せるチャンスもあります。自分にはなんの才能もないから……、とあきらめてしまうのはもったいないです。

   現状に不満がある人は、自分のスキルを「どこか別の場所に持っていけば」「なにか別のスキルと組み合わせれば」うまく行かないかということを考えてみてください。そうやって、自分で考え行動することを繰り返すことによって、「誰にもできない仕事」ができる人材へと成長する可能性が高まるのです。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中