2020年 10月 25日 (日)

「就活川柳」からにじみ出る苦悩 「いつまでも決まらぬ私が悪いのか」

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

サラリーマン川柳の方がまだ余裕ある?

   ディスコが運営する「キャリアアカデミー」のウェブサイトには、2010年以降に詠まれた就活川柳が紹介されている。大卒予定者の就職率が91.8%まで落ち込んだ年だ。

「いつまでも 決まらぬ私が 悪いのか」
「不景気か 内定無いのが 実力か」
「友人が 俺より先に 決まってく」

と川柳にも焦りや不安、苦悩があらわれている。2011年にさらに厳しくなると、

「祈られる 私は神ではありません」
「面接で 褒められたのに 祈られる」

など、いわゆる「お祈りメール」と呼ばれる不採用通知への嘆き節が増えた。

   2012年はやや改善したが、「内定を 出す気ないなら 先に言え」と投げやり調。極めつけは「もうなんか どこでもいいから 内定を」と悲鳴のような胸の内まで聞こえてきた。

   「サラリーマン川柳」の場合、世の働くお父さんの悲哀を感じさせながらも、どこかユーモアが感じられる。だが就活川柳は学生たちの必死さ、つらさが全面に押し出されている印象だ。川柳から「明るさ」が漂ってくるのはいつのことか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中