ネットにあふれる「作業用BGM」 「仕事中に音楽」アリかナシか?

印刷

   オフィスで仕事中にヘッドフォンで音楽を聴いている人が、若い世代を中心に増えているようだ。「好きな音楽を聴くと気分があがる」とか「周囲の雑音が耳に入らなくていい」といった理由だという。

   ニコニコ動画には「作業用BGM」というタグを含むファイルが12万件以上もアップされている。「自分勝手なふるまい」と眉をひそめる向きもあるが、能率アップの効果もそれなりに期待できるようだ。

すでに5人に1人が「マイ音楽」を聴いている

業務効率より大事な「マナー」って何?
業務効率より大事な「マナー」って何?

   USENが2013年7月10日に発表したアンケート結果によると、仕事中に「マイ音楽」を聞くと答えたのは、回答者400人の21.5%。すでに5人に1人を超えているのである。

   「信じられない」と思う人もいるかもしれない。実際、同僚が音楽を聞いていた場合「不快」「やめてほしい」と考える人は48.8%と、半数近くになる。理由は「ビジネスマナーとしてよくないから」が64.4%で最も多く、「電話を取ってくれないから」(51.8%)、「話し掛けづらいから」(46.2%)、「自分勝手な行為だと思うから」(41.5%)と続いている。

   得意先のオフィスを訪問し、こちらからあいさつしたのにもかかわらず、社員たちがヘッドフォンで思い思いの音楽を聴きながら見向きもしなかったら、不快になる人がいる可能性はある。

   とはいえ、音漏れには気を付けていれば、周囲の雑音になることはないし、話しかけられればすぐに外すことができる。接客業などを除けば、悪影響が生じる職場は少ないのではないか。

   一方で、マイ音楽を聞いている人の理由は「集中したいから」が68.6%を占めている。本当に業務の効率アップになるなら、一律に「音楽を聞くな」というのもおかしな話だ。

   音楽と仕事の効率の関係を調べた人がいる。かつて病院の勤務医で、現在は英国で大学講師を務めるスチュアート・ファーリモンド氏だ。2012年2月6日付のブログによると、ドイツの研究者が過去の複数の実験結果を集めて分析し、そこから信頼性が高いと判断した97例について公表したという。

   結論は、仕事にとって音楽は「有効」「有害」が半々に分かれたが、各実験にはいくつかの共通項があったという。それは、音楽を聴くことがプラスに作用するケースがあるということだ。

作業用BGM「初音ミクメドレー」は再生360万回

   たとえば「スポーツ選手のパフォーマンス向上」や「単調な作業の際に気分を高める」、あるいは「テンポの速い曲が作業のスピードを高める」といった具合だ。逆に、読解力や記憶力に対してはマイナスに働く場合があるようだ。

   米タイム誌電子版も2012年9月12日付の記事で、この話題を取り上げている。英研究者による実験では、物事の理解や新しい情報を記憶しなければならない際には、音楽をストップするべきだとの結論に達したという。

   一方で熟練者が、かつて自分が手がけた仕事に改良を加えようとリラックスして臨む際は、音楽が効果を発揮する。また多くの調査では、外科医が手術の際に音楽を流したほうがよい結果につながるとの報告があるそうだ。

   インターネット上を探すと、ユーチューブやニコニコ動画には「作業用BGM」「仕事中音楽」と題された動画が数多くアップされている。クラシックからヒーリングミュージック、アニメソング、ボーカロイドが歌う曲とジャンルは幅広い。

   ニコ動にある「初音ミクメドレー」は再生回数がおよそ360万回だ。それだけ「気分の乗らない単調な仕事」や「聞こえよがしの嫌味」に頭を悩ます人がいるということか。

「仕事中に音楽」アリかナシか?
アリでしょう
ナシでしょう
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中