2021年 3月 6日 (土)

机が汚くても「仕事できるヤツ」 散らかしで創造性は向上する?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「タイプの違い」ならお互いの批判はやめるべき

   J-CASTニュース会社ウォッチでも以前、アニメーターの数井浩子さんが「本当に机が完璧に片づけば仕事ができるようになるものでしょうか」との主張を述べていた。

   2012年12月12日付の記事で、アニメーターやデザイナーの机の上には参考資料の山ができ、崩れ落ちることもあるが、「机の上がカオス状態だからこそアイデアが湧く」「まったく接点のないと思われるモノから連想されるものは、本人でも思いもよらない発想になる可能性があります」と主張し、読者に一度試してはどうかと勧めている。

   整理整頓派と散らかし派。いったいどちらの言い分が正しいのか。コメント欄にはこんな違いがあるのでは、と指摘する人がいる。

「モノを作るなら、整理整頓だな。モノを創るなら、どうだろう?」

   細かな違いだが、要するに作業的に「作る」ことと、創造的に「創る」「生み出す」のでは、適している作業環境も自ずと変わるのではないか、という解釈のようだ。

   もしそうであれば、お互いの仕事や性格を尊重して、けなし合いはやめるべきだろう。もっとも、「創る」ために散らかしている人は、周囲の「作る」人に迷惑をかけないような配慮も必要だ。

机の周りが散らかっている同僚、どう思う?
仕事できなさそうだし、ルーズな気もする
プライベートで交際したくないタイプ
人のこと言えないから、まあいいんじゃない
意外とクリエイティブなタイプかも
自分も真似して散らかしてみようか
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中