2020年 9月 19日 (土)

再就職に悩む「うつ病経験者」 積極採用する会社も現れたが

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

   うつ病を克服して就活や再就職を目指す人たちにとって「朗報」かもしれない。医療系の情報サービス会社が「うつ病経験者募集」との求人を出したのだ。

   ネット上にはしばしば「うつ病だったことを就職面接で打ち明けるべきか」という相談が書き込まれている。企業側から「歓迎」のサインを出してくれれば心強いだろう。

期待の社長は「メンタルヘルスに強い医師」

病気を克服した人は差別せず仕事に復帰できてしかるべきだろう
病気を克服した人は差別せず仕事に復帰できてしかるべきだろう

   この会社は2011年6月に設立された「iCARE」(東京・港)。電子カルテをクラウドで提供するといった、医療関連の情報サービスをネット上で手掛ける。共同最高経営責任者(CEO)は、内科・心療内科医とMBAを取得した人材サービス業務経験者が務める。2013年8月29日、同社のフェイスブックに、

「募集:うつ病経験のあるWEBエンジニアの方大募集」

と掲載された。「弊社代表が医師でありメンタルヘルス領域に強みを持っているため、今回雇用するエンジニアもうつ病等精神疾患経験者の方を積極的に採用したい」との理由だ。

   求める人物像として「一緒に楽しく仕事ができそうであることが第一」とし、ウェブのアプリケーション開発をはじめエンジニアとしての業務経験を条件としている。ここでも改めて「過去精神疾患(うつ病等)を経験されている方」と繰り返した。

   この「求人票」は、フェイスブック内で多くシェアされた。「新しい働くカタチかな?」「こういうのいいなぁ」といった肯定的なコメントも付いている。

   共同CEOの飯盛崇氏は、日経情報ストラテジーのインタビューに「当社の理念やサービスに直結する取り組みとして踏み切った」と語った。9月29日にはフェイスブックが更新され、採用が内定したとの報告があった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中