2020年 8月 10日 (月)

「昭和の香り」の街が一気に5段飛ばしの進化? 「プノンペンに最新型イオンモール」の衝撃

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

現地の若者が、先進国の文化に触れる

   こんな昭和の香りに一部21世紀がトッピングされているような街に、いきなりワールドクラスのイオンモールが出現するわけです。言うなれば、みんながスーパーファミコンで遊んでいるところに、いきなりプレステ3が登場!みたいな状況です。

   一食2、300円の小さなレストランが主流のこの国で、ピカピカのショッピングモールにはどんな店が出店するのでしょうか?タクシーがなかなか見つからずトゥクトゥクや原チャリばかりが走るこの街に、ピカピカのモールはいったいどれくらい浮いた存在になるのか?

   実際問題、バンコクやジャカルタ、マニラの街も、一般庶民が行くような店舗やレストラン(屋台)は皆さんが想像するようなアジアのお店です。しかし、そこに、最新鋭のショッピングモールがあるので、先進国の人間が暮らす際に不自由がなくなります。また、現地の若者が(買う買わないはともかく)その中を歩き回る事で、先進国の文化に触れて、洗練されていくのです。

   私は今、フィリピンのセブに住んでいますが、道ばたのレストランとモールの中では、物価も、歩いている人たちも、売っているものの質も違います。これがあるからこそ、私が快適に生活できますし、こういう所から垢抜けたフィリピン人の若者が生まれてきているのです。

   こういう5段飛ばしの発展がおこるのが、新興国の面白いところであり、ビジネスチャンスでもあります。イオンモールがプノンペンにどんな影響をもたらすのか。今から楽しみでなりません。(森山たつを)

カンボジアへ行ったことがありますか?
ある
ないけど行きたい
ないし別に行きたくもない
住んでいる(住んだことがある)
その他
森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中