2020年 9月 21日 (月)

「食材偽装」の魔の手はこうして伸びてくる 「お客より社長が偉い」イエスマン体質のワナ

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   一流ホテルや百貨店で相次ぐ食材偽装問題ですが、一連の報道に私の身の回りで起きたある事件を思い出しました。

   もう数年前のお話です。事件は、数店舗の高級ステーキハウスを経営する旧知のB社で起きました。とある高級住宅地店舗の調理長を兼ねる店長から、「最近の米の仕入れに納得がいかない。これは会社の方針なのか」と社長あてに直訴がありました。

社長から厳しいコストダウン指示

なぜこんなことに・・・
なぜこんなことに・・・

   詳しく聞いてみると、B社ステーキハウスのウリの一つであるライスの「魚沼産コシヒカリ使用」に偽りがある気がすると言うのです。B社食材は本社一括仕入れ方式ですが、なんでも半年ぐらい前から米の仕入れが「魚沼産コシヒカリ」と一般的なコシヒカリの2種類になり、本社からは2種類を半々に混ぜて炊くようにとの指示があったと。

   社長は寝耳に水でした。すぐに仕入れ担当責任者を呼び事情を尋ねました。すると理由はこうでした。前期決算後の会議で収益性の低下が問題になり、社長から厳しいコストダウン指示が出され、部門の目標数字を達成するためには仕入れそのものを見直ししなくては到底無理。そこで、メイン商品のステーキ肉の質を落としてはまずいと思いライスのコストダウンに着目し、米の混合を思いついたのだと。

   担当は、「魚沼産コシヒカリが例え半分になろうとも使っていることは事実なのだから、『魚沼産コシヒカリ使用』はウソではない」と言うのです。

「お客か社長か」、あなたの会社で「偉い」のはどちら?
お客
社長
どちらも偉くて板挟み
どちらも軽視されている
その他
大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中