2019年 11月 16日 (土)

「面接は私服でどうぞ」はワナ? 「ノーネクタイは非常識だ」と怒られた就活生

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   就職の際の面接に「私服でお越しください」と会社から告げられた。夏の暑い日にスーツを脱いでネクタイを外し、代わりに涼しい服装で行けたらどんなに快適だろうか。

   ところが、この「私服指定」が案外、曲者だ。言葉どおりに「リラックスできる格好」で行ったら面接官から「ダメ出し」を受けたという体験談もある。

ポロシャツにチノパン「だらしない、だめだ」

●●●
「私服でどうぞ」と言われても…

   「サンケイビズ」2013年11月17日付の記事では、大手金融会社のリクルーターのこんな経験談が紹介された。学生の緊張を和らげようと、「当日は私服で気軽にお越しください」と事前にメールを送っておいた。すると当日、「学生はその言葉をうのみにしたのか、サークル帰りのジャージ姿で面談へやってきた」。いくら私服とはいえ、「ジャージ」はないだろうというわけだ。

   同紙は5月19日にも、「就活と私服」をテーマに取り上げている。アパレル業界志望の就活生が「私服着用」の指示を受けたが、無難にいこうとリクルートスーツを選んだ。ところが当日、会場に行くと9割以上が私服で、面接時には「君の私服はスーツなのか」と問い詰められたという。一方マスコミ業界志望者のケースでは、「あなたらしい服装で」との条件だったのでカジュアルな格好で行ったところ、周りはほとんどスーツ姿の学生ばかりで、不安に陥ってしまい面接で受け答えがうまくいかなかったそうだ。

   「Yahoo!知恵袋」には、面接では「リラックスできる服装」との指示を受けたのでポロシャツにチノパン、スニーカーを履いて出向いたという投稿があった。面接官から「そんなだらしない格好ではだめだ」「面接の場でノーネクタイは絶対にあり得ない」などと一喝され、「それでは私服OKと言わないのではないか」と言い返すと、「常識ってものがある」と厳しく怒られたそうだ。やり取りだけを見ると、確かに「ネクタイ着用」が前提なら最初からそう指定しないと面接者には伝わらない気がする。ただ、あまりにラフな格好だと面接官によっては失礼だと受け止めるかもしれない。「私服」と「常識」の間でお互いが振り回されたようだ。

面接は私服でどうぞ。何着て行きますか?
スーツ
ジーンズでもジャージでもOK
「パンツにジャケット」など
和服
その他
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中