2020年 10月 20日 (火)

ベトナム旧市街の水害後に見た「笑っちゃうくらいのたくましさ」

ルイボスブレンドだからノンカフェイン。就寝前のリラックスタイムにおすすめ。

   ベトナムのホイアンの旧市街に滞在しています。ここは3、400年前の古い町並みが保存されている歴史的な地区で、ユネスコの世界遺産にも指定されている場所です。

   ここは自然が厳しいことでも有名で、昔から数年に一度くらい川が氾濫し洪水が起こります(前回は2011年)。ちょうど先週、私は、洪水の現場に居合わせました。3日ほど土砂降りの雨が降り続き、地元のひとも「くるかもしれない」といった矢先、川が氾濫し、歴史地区の町並みは水没してしまいました。

水没した旧市街を一周する即席ボートツアーも出現

洪水がきても市場を再開
洪水がきても市場を再開 水没した旧市街を一周する即席ボートツアー!?
水没した旧市街を一周する即席ボートツアー!?

   いわゆる床上浸水というやつで、目測ですが深いところは1メートル50センチくらいはきています。1階部分はほぼ水没しています。

   町の中心部にある市場は水没してしまい、市街地が停電になります。どうなるのか・・・と思っていたのですが、私がそこでみた光景は、災害の悲惨さ・・・ではなく、笑っちゃうくらいのたくましさでした。

   まず、市場ですが、おばちゃんたちが野菜や肉をリヤカーにのせて、上岸に移動。路上で市場を再開させてしまいます。そして、ものが不足するかもしれないということでお客さんが一杯。足元にまた洪水が来ると、さらに移動するという。まさにノマド式市場です。

   そして、水没している地域には、どこからか船がやってきます。逃げ遅れた人の救助用なのかと思いきや、客引きをしているじゃないですか。なんと、水没した旧市街を一周するという即席ボートツアー。早速4人のヨーロッパ系の観光客が船に乗り込み出発していきました。

   なんという商売魂でしょう。災害までもイベントにしてしまうとは。

大石哲之(おおいし・てつゆき)
作家、コンサルタント。1975年東京生まれ、慶応大学卒業後、アクセンチュアを経てネットベンチャーの創業後、現職。株式会社ティンバーラインパートナーズ代表取締役、日本デジタルマネー協会理事、ほか複数の事業に関わる。作家として「コンサル一年目に学ぶこと」「ノマド化する時代」など、著書多数。ビジネス基礎分野のほか、グローバル化と個人の関係や、デジタルマネーと社会改革などの分野で論説を書いている。ベトナム在住。ブログ「大石哲之のノマド研究所」。ツイッター @tyk97
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中