マニラやセブシティへの渡航、「自粛」しないで! 台風被害の支援のために

印刷

   前回、フィリピンの台風でセブシティには大きな被害がなかったこと。そして、被害が大きかったレイテ島の人たちはセブシティで働いている人も多いので、セブに訪れる予定がある人は予定通り来て欲しい、予定がない人は少しでも寄附をして欲しい旨をお伝えしました。

   今回は、私の知り合いのセブで働く20代フィリピン人男性で、実家がそのレイテ島にあり、支援物資を届けに行ってきた人に聞いた話をお伝えします。

避難すると火事場泥棒が…

フィリピン・レイテ島の現状の一端
フィリピン・レイテ島の現状の一端

   彼の実家は、非常に大きく立派な家でした。「でした」と過去形なのは、今や家と呼べるレベルではなくなっているからです。

   彼が実家にたどり着いた時、そこには家の壁はあるのですが、屋根はありませんでした。そして、家の中は瓦礫やどこからか飛んできた木が積み重なっていました。彼の両親は、吹き荒れる台風の中で、家が壊れていくのを泣きながら呆然と見届けるしかなかったそうです。

   今、彼の家の周辺では紙幣に価値はないそうです。ものを手に入れるには救援物資を待つか、物々交換をするしかないそうなのです。そんな状況であれば、セブシティなどに避難すれば良さそうなものですが、火事場泥棒がたくさんおり、家を空けると中のものが盗まれてしまうため離れることが出来ないのだそうです。実際、道ばたでは、子供がどこからか拾ってきたトタンの屋根を販売していました。

   まさに、極限状態です。

   無法地帯となっているレイテ島ですが、フィリピン人のほとんどの人は、元々家族思いの心優しい人たちです。その証拠に、今、セブシティでは多くのスーパーマーケットで安い米が品切れ状態になっているそうです。セブシティの住人がこぞって米を買って、レイテ島に救援物資として送り続けているのです。

「略奪をされた人がいる」

   「非常事態に略奪を働くような野蛮人にする援助はない」などという方もいるかもしれません。しかし、我々は、略奪をする人がいるからこそ、援助をしなくてはならないのです。略奪をする人がいるということは同時に「略奪をされた人がいる」ことを意味するからです。

   自然の猛威に住むところを奪われた上に、周りの同じ国の仲間だと思っていた人たちに、わずかに残ったモノを奪われる絶望は、想像を絶します。彼らを救うのは、見ず知らずの誰かの支援しかないのです。

   テレビで報道されているとおりの絶望的な状況は、レイテ島やセブ島の北部で、今もなお実在し続けています。繰り返しますが、彼らを短期的に救うのは支援物資であり、長期的に救うのはセブシティやマニラなどでの長期的な雇用です。そして、「自粛」という名の風評は彼らを長期的にジリジリと苦しめることになります。

   少なくとも、セブシティやマニラなど、多くのフィリピンの街は台風の影響はほぼありません。渡航の予定がある人は、是非、フィリピンを訪れて、フィリピンの旅や留学を楽しんでもらえたらと思います。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中