2020年 7月 13日 (月)

今年の年賀状は「写真や動画」もお届け!? スマホで「らくらく」が進化中

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   忘年会の予定やら、仕事の年末進行の話が出始め、いよいよ一年が終わりに近づいていることを実感している。ということは、そろそろ年賀状の準備を始めないといけないのだが、まだ本腰でかかる気にはなれない。

   年賀状は一年の始まりを知らせてくれる気持ちのいいものだが、誰宛に書くべきか考えたり、年賀状を買いに行ったり、手書きで一つひとつ住所を書くというのは、正直(申し訳ない気もするが)、とても面倒なものだ。

スマホ片手で、デザイン?投かんまで

デザイン編集の画面
デザイン編集の画面

   パソコン向けの専用ソフトなど効率的に年賀状を作れるサービスもあるが、最近ではスマートフォンを操作するだけで簡単に作れるものもある。中には、相手の住所を知らなくても送ることができるという優れモノも。

   日本郵便が提供する無料のiPhone / Androidアプリ「はがきデザインキット」では、すでにはがきのデザインテンプレート集が用意されている。好きなものを選び、写真を挿入したり、テキストを追加したりして編集することができる。イチから自分でデザインすることも可能だ。

   作成したはがきは、自宅のプリンタで印刷したり、オンラインで印刷から投かんまで注文したりすることができる。相手の住所が分からなくても、iPhone版なら電話番号かメールアドレス宛、Android版ならmixi IDもしくはTwitter ID宛に送ることができる。印刷だけして、自宅で受け取ることもできる。

   決裁はクレジットカードかコンビニ、通信キャリアからの請求かYahoo!ウォレットで行う。

紙の年賀状、出しますか? 何枚くらい?
出す。100枚以上
出す。50枚以上100枚未満
出す。50枚未満
出さない。メールなどでOK
その他(まだ決めてない等)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中