年賀状過大ノルマで「ストレス自殺」 遺族が日本郵便を提訴

印刷

   郵便局に勤務していた埼玉県東部の男性(当時51)が、職場での過重なストレスでうつ病になり自殺したとして、遺族らが2013年12月5日、日本郵便を相手どり慰謝料など約8000万円の損害賠償を求める訴訟をさいたま地裁に起こした。

   この日、男性の妻(46)と弁護団が開いた記者会見や訴状などによると、男性は2008年にうつ病と診断され、その後3回にわたり休業と復帰を繰り返したが、10年12月、業務中に郵便局の4階から飛び降りて死亡した。

   男性が勤務していた郵便局では、配達ミスなどをすると朝礼で同僚数百人を前に反省を述べさせられる慣習があり、男性は過重なストレスを受けていた。上司から罵声を浴びることもあったという。

   また、年間約6000~9000枚の年賀状の販売目標があり、達成のために自らが年賀状を買い取る「自爆営業」と呼ばれる行為が課せられていたと、厳しい職場の現状を報告している。

   弁護団は「恒常的なパワハラがあるような環境で、質量ともにストレスの多い職場だった」と指摘。男性の妻は、自殺する直前に夫が年賀状7000枚の販売目標に苦しんでいたこをあげ、「夫は薬を飲みながら働き、亡くなった。同様に悲しむ人をなくしたいと思った」と、涙ながらに提訴の理由を話した。

   日本郵便は「訴状が届いていないため、現時点でのコメントは控える」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中