2021年 1月 21日 (木)

忘年会で酔って店の壁に穴 修繕費払うべきなのは本人か会社か

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

臨床心理士 尾崎健一の視点
まずは会社が前面に立ち「修繕代」是非を店側と交渉を

   歓送迎会や忘年会などで起こったセクハラ事例への対応は、職場の延長での出来事という扱いで「会社の問題」として対処することが一般的になっています。今回のケースは、会社として正式な忘年会のようですので、会社行事と言わざるを得ません。

   まずは、その「修繕代が妥当なのか」「払わなければならないのか」などをお店と交渉することが必要です。その交渉は個人ではなく、会社が前面に立って行うべきではないでしょうか。その交渉を経た上で「払わなければならない」となった場合に、会社負担とするか個人負担の割合をどうするかを社内で検討する事になると思います。

   会社負担の場合の「お金をどの部門で持つか」は経営判断として、部門長同士や経営者が決定するしかないでしょう。

記事のケース、修繕費を払うべきなのは本人?会社?
本人
会社
本人と会社がほぼ折半
払う必要はない
その他
尾崎 健一(おざき・けんいち)
臨床心理士、シニア産業カウンセラー。コンピュータ会社勤務後、早稲田大学大学院で臨床心理学を学ぶ。クリニックの心理相談室、外資系企業の人事部、EAP(従業員支援プログラム)会社勤務を経て2007年に独立。株式会社ライフワーク・ストレスアカデミーを設立し、メンタルヘルスの仕組みづくりや人事労務問題のコンサルティングを行っている。単著に『職場でうつの人と上手に接するヒント』(TAC出版)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。

野崎 大輔(のざき・だいすけ)

特定社会保険労務士、Hunt&Company社会保険労務士事務所代表。フリーター、上場企業の人事部勤務などを経て、2008年8月独立。企業の人事部を対象に「自分の頭で考え、モチベーションを高め、行動する」自律型人材の育成を支援し、社員が自発的に行動する組織作りに注力している。一方で労使トラブルの解決も行っている。単著に『できコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中