2020年 8月 4日 (火)

「よし、君は明日からフィリピン勤務。給料は3分の1な」 そんな時代を予感させるブログが話題

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

「いきなり海外に支社作るとか難しい」

   セブ島のあるフィリピンといえば近年、日本人向けに無料オンライン通話ソフト「スカイプ」を活用した「格安英会話」のビジネスが盛んだ。現地の安い人件費と、英語が公用語のひとつである点を組み合わせて利用者に格安料金でマンツーマン英会話のサービスを提供する。英米と比べて日本からの距離が近く、生活費を安く抑えられる点から語学留学先としても注目されている。

   しかし現地の人材を活用して経費を抑えるのではなく、日本から社員を連れて行って業務に当たらせながらコスト削減につなげるという発想は斬新だ。ブログは人気を集め、ツイッターには「面白すぎる。いい会社なんだろうなぁ」「いきなり海外に支社作るとか割と難しいよな」「笑える。本人困ってなさそうな雰囲気で書かれてるのが更に」と感想が多く書き込まれている。

   ブログには「セブ支社」の後日談が載っている。夏目さんが設立を進めてきて3か月、事態が急変したという。届いた1通のメールには「業績めっちゃ良くなったからセブ支社中止で」と書かれていたそうだ。退職してまでセブ島に来たのに、戻ろうとした会社には採用面接を受けろと言われる始末。それでも「面白すぎる」とちっともひるまず、その後もセブ島ライフをしばらく楽しんだそうだ。結局、元のポジションには戻れたのだろうか。

社命「給料3分の1でフィリピン勤務」。受け入れますか?
受け入れる
無理。拒否する
給料3分の2にならないか交渉する
そんな会社は辞める
その他
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中