「日本発祥」と信じる人もいる 「笑撃」のアメリカン・ビア・ゲームとは

印刷

   前回のビール話つながりで、今回はアメリカに来て衝撃を受けたビールを使ったゲームを紹介します。アメリカ人は飲み会で色んなゲームをするのが大好きなのですが、特にビールを使う「ビア・ポン」「サケ・ボム」の2つは代表格。ハロウィンの次に日本で流行る欧米文化は、こんなゲームだったりして?

   ひとつめは「ビア・ポン」。簡単に言うと、ピンポン玉をビールの入ったコップに投げ入れるゲーム。屋内外でのパーティの余興として行われることが多く、ミシガン大学MBAではビア・ポン・トーナメントが毎年開催されています。

制御不能のピンポン玉と格闘

ビア・ポン・トーナメントの様子。アメリカ人のCody Powers君が見せる集中力に注目
ビア・ポン・トーナメントの様子。アメリカ人のCody Powers君が見せる集中力に注目

   まず、10個のプラスチックコップにビールを入れ、自陣にボーリングのように並べます。1ターンにつき2投で、2~3メートル先の相手の陣地にあるコップにピンポン玉を投げ込みます。相手のコップにピンポン玉が入ったら、相手はそのコップのビールを飲み干さなくてはいけません。コップが減ってきたら、狙いにくくするために自陣のコップの配置を変えることができます。最終的に先に相手のチームのコップを全滅させた側が勝利となります。

   これが、恐ろしいくらい入らない! まさか、ピンポン玉をコントロールするのがこんなに難しいとは…。初心者だと、10~20投してやっとひとつ入るかどうかと言ったところではないでしょうか。

   さらにゲームを難しくするのが、負けが込むほどビールを飲まされ、集中力が落ちて命中率が下がることです。大学時代からこのゲームに慣れ親しんできたアメリカ人は3~5投に1回くらい命中させてきます。歴戦のつわものは集中力が半端ない。アメリカ人も手先が器用だなあと思います。

   しかし!屋外でやると外れたピンポン玉が地面に落ちて土まみれになったりするのですが、手元にある水の入ったコップでバシャバシャっと軽く汚れを落とすだけ!日本だったら、ありえない…。

「サケ・ボム」ゲーム、文字通り「酒爆弾」!

   これで驚いてはいけません。もうひとつのゲームを紹介しましょう。こちらは「サケ・ボム」。文字通り「酒爆弾」という意味です。簡単に言うと、ビールに日本酒を混ぜて、日本風に(!?)飲んじゃおうぜ、というゲームです。

   参加メンバーは、それぞれのビールのグラスの上に割りばしを割った状態で置きます。その上に日本酒をなみなみ注いだショットグラスを置きます。準備が整ったら、みんなで机を叩きます。最初に割りばしからショットグラスが落ちた人が、日本酒入りのビールを飲み干します。

   まあ、何とくだらないゲームを考えるのかと。そして何より、「サケ・ボムって日本発祥のゲームだろ?」って相当数のアメリカ人が信じておりまして…。しかし、もちろんビールが飲めない人は別にして、どんなバックグラウンドの人でも、例え英語ができなくても遊べるゲームを考えて、陽気に楽しんでしまうところがアメリカ人らしいなあと思います。皆さんも今年のクリスマスに「ビア・ポン」「サケ・ボム」はいかがでしょうか?(室健)

ゲーム「ビア・ポン」、やったことありますか?
よくやる
ある
ないけどやってみたい
ないし興味もない
その他
室 健(むろ・たけし)
1978年生まれ。東京大学工学部建築学科卒、同大学院修了。2003年博報堂入社。プランナーとして自動車、電機、ヘルスケア業界のPR、マーケティング、ブランディングの戦略立案を行う。現在は「日本企業のグローバル・マーケティングの変革」「日本のクリエイティビティの世界展開」をテーマに米ミシガン大学MBAプログラムに社費留学中(2014年5月卒業予定)。主な実績としてカンヌ国際クリエイティビティ・フェスティバルPR部門シルバー、日本広告業協会懸賞論文入選など。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中