2018年 12月 10日 (月)

働く女性のクリスマス・イブ 「デート予定は12%」が意味すること

印刷

   明日のクリスマス・イブ、働く女性たちはどんな過ごし方をするのだろうか。デートを予定しているのは12%、という調査結果も出ている。

   2013年12月上旬の2日間に、マーケティング会社トレンダーズがインターネットで実施した調査結果をウーマンエキサイトがネットで報じている(12月10日)。記事によると、イブの夜の過ごし方について、有職女性300人に尋ねたもので、最多は、「仕事」と「家でくつろぐ」がともに29%で並んだ。以下、「デート」12%、「ホームパーティ」8%などと続く。「理想のイブ」については、「恋人とデート」との回答が最多で51%となっており、先の「12%」と比べると、理想と現実のズレが浮き彫りになった形と言えそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中