2019年 11月 14日 (木)

男同士で飲みに行ける「ウイスキーボトルバー」
接客は女性スタッフ、お酒作りの技術の高さもポイント

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   サントリーが仕掛ける新しい業態「ウイスキーボトルバー」では、どんなサービスが提供されているのか。東京・銀座の「DEN HIBIYA」に様子を見に行ってみた。

   JR有楽町のガードに沿って新橋方向に歩き、東京宝塚劇場の方向に曲がって少しのビルの地下にある。帝国ホテルタワーの真向かい、と言ったら分かりやすいだろうか。

   10人ほどが座れる大きなカウンターが2つあるこの店は、午後7時の開店から午前1時の閉店まで、女性スタッフが接客してくれる。セールスポイントは、お酒を作る技術とサービスの高さ、それと居心地のよい空間だ。

「上司が部下を連れてくる」ケースが多い

ウイスキーボトルバー「DEN HIBIYA」の女性スタッフ
ウイスキーボトルバー「DEN HIBIYA」の女性スタッフ

   早速、取材がてらハイボールを1杯作ってもらった。ここのメインボトルはサントリーの「響12年」。2013年のISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)で金賞を受賞するなど国際的な評価もある、コストパフォーマンスの高いウイスキーだ。

   梅酒を貯蔵した樽などを使って熟成させており、口をつけると甘い香りが鼻を抜ける。プレミアムソーダとかちわり氷で作ったハイボールは、バランスがとてもよく、普段飲んでいるものとは一味違う。

   店員のAさんは20代後半。オープンスタッフとして1年半前ほど「DEN HIBIYA」に勤めている。ウイスキーの作り方から立ち居振る舞い、敬語など接客のマナーなどの研修を受けたということもあって、手際よくハイボールを作る姿が様になっている。

   ウイスキーは、水割りやソーダ割り、ロック、ストレートのほか、水とウイスキーを半分ずつ混ぜる「トワイスアップ」など幅広い飲み方で提供してくれる。店員スタッフの多くは、店で働くまでウイスキーを口にする機会が少なかったという。

「でも、きちんとした作り方で飲んでみると、ウイスキーの魅力が本当によく分かります。日本のウイスキーの評価は世界的にも高くなっていますが、その理由も分かるようになってきました」

   訪れるお客は、取引先の接待の2軒目というケースのほか、上司と部下数人の組み合わせも多い。仕事の打ち上げで食事をした後に、上司が「ちょっと俺のボトルが入っている店に寄って行かないか?」という雰囲気のグループが多いという。

「そんなときは、上司に羨望の眼差しが集まります。『こんなお店も知ってるんですね。自分もいつかボトルを入れられるようになりたいな』とつぶやく部下の方もいますね」
WHISKY BOTTLE BAR
少し話し足りない時、もう少し飲みたい時に、親しい仲間や大切な人を連れて行きたい、ちょっといい大人の店。
現代人のセンスに合う洗練された雰囲気の中、マイボトルのウイスキーを高品質で愉しめ、カウンターでの会話に癒される。「ありそうでなかった大人の店。」あなたはもう体験しましたか?
詳しい情報は「WHISKY BOTTLE BAR NAVIGATION」からどうぞ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中