国家公務員試験、TOEICなど英語外部試験を活用へ

印刷

   人事院は2017年度の国会公務員総合職試験から、外部の英語試験を活用する。「TOEIC」「TOEFL」「IELTS」「実用英語技能検定」のいずれかのスコアが一定基準に達すると、総得点に上乗せされる形だ。例えば「TOEIC」の場合は、600以上で総得点に15点、730以上で25点加算される。試験日までの5年間に受験したスコアが使用できる。採用試験での英文読解の出題は引き続き行われる。2013年12月27日、発表した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中