2020年 12月 3日 (木)

「エリート症候群」上司がもたらす閉塞感 リーダーシップ類型分析で分かるコト

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!
「Step up to the plate(舞台に上がれ)!」

   2012年のサマースクールの最後に、教授が「外国人だから、英語が下手だからと言って物怖じすることはない」と言った後放った言葉ですが、私がアメリカに来て一番印象に残っている言葉かもしれません。MBAでは「舞台に上がる」ことが称賛されます。授業で積極的に発言する。チームでのミーティングをリードする。チームのプレゼン作成やレポート執筆に積極的に貢献する。ビジネスプランのコンペティションに出場する。プロフェッショナルクラブやカルチャー系のクラブでボードメンバーに就任する。こうした活動ひとつひとつを「Great job!」と称え合うことでリーダーシップスキルが磨かれていくことを実感します。

4類型中、あなたは何色?

ミシガン大学MBAの提唱するリーダーシップの4類型(同大サイト資料を基に筆者作成)
ミシガン大学MBAの提唱するリーダーシップの4類型(同大サイト資料を基に筆者作成)

   ミシガン大学のMBAは、米リーダーシップ・エクセレンス誌でハーバード・ケネディスクールやMITスローンを抑えて現在まで5年連続で1位を獲得するほどリーダーシップ教育には定評があります。今回はそんなリーダーシップ教育とそこからの学びについて触れてみます。

   MBAで組織論の授業を取ってみると、「どのようなリーダーがいると組織が成功するのか」「リーダーは組織の改革に向けてどのようなステップを取るべきか」というようなトピックを、これでもかというくらい科学的に分析していることに驚きます。なぜこれほど進んでいるのかと考えてみると、日本であれば「あうんの呼吸」で社員が分かり合って仕事を進められるというやり方が、グローバル企業では通用しないということが挙げられるのではないでしょうか。

   つまり、多様な国籍やバックグラウンドを持った人たちといかにチームを形成し、仕事を成し遂げるかという課題を解決するためにリーダーシップ教育や組織論が発達したのではないかと考えます。日本の企業でもグローバルな組織のマネジメントは喫緊の課題なので、授業が大変役に立っています。

室 健(むろ・たけし)
1978年生まれ。東京大学工学部建築学科卒、同大学院修了。2003年博報堂入社。プランナーとして自動車、電機、ヘルスケア業界のPR、マーケティング、ブランディングの戦略立案を行う。現在は「日本企業のグローバル・マーケティングの変革」「日本のクリエイティビティの世界展開」をテーマに米ミシガン大学MBAプログラムに社費留学中(2014年5月卒業予定)。主な実績としてカンヌ国際クリエイティビティ・フェスティバルPR部門シルバー、日本広告業協会懸賞論文入選など。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中