ビジネスにおける「絶対音感」!? 武器になる「力」の使いこなし方

印刷

   『絶対話力』(土岐大介、東洋経済新報社)。2013年12月発売。1575円(税込)。著者は、元ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント社長で、一橋大大学院の客員教授なども務めている。東洋経済サイトによると、

「人見知りで、人と会うのも話すのも苦手だった……そんな人間がどうして生き馬の目を抜く外資系金融の世界で生き抜くことができたのか。そしてゴールドマン・サックスの資産運用会社のトップまで務めることができたのか」

   「絶対話力」は、営業関係者だけでなく、さまざまな職種のビジネスパーソンにとって強い「武器」になるし、就職試験でも有用だとしている。その「絶対話力」の威力と使いこなし方を伝授する。


   この本に対する「読みたい度」はどれくらいですか?記事下の「1クリック投票」からご参加下さい。コメントもお待ちしています。

『絶対話力』
『絶対話力』
『絶対話力』、あなたの読みたい度は?
すごく読みたい
読んでもいいかな
もう読んだ
微妙
その他
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中