2021年 1月 21日 (木)

その好条件、ブラック企業の香りがします ダマされない資料の見方

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

採用に時間とカネをかけず入社させる「甘い誘い」かも

   業種ごとの3年後離職率の違いも、あらかじめ知っておいた方がよい。厚労省のデータによると、「宿泊業、飲食サービス業」は51.0%、「教育、学習支援業」48.9%など、比較的高いのはどこかが分かる。

   ほかにも注目すべき項目がある。そのひとつが、採用選考プロセスだ。「適性試験なし、面接1回」という「甘い誘い」には裏があるかもしれない。「採用に時間とお金をかけずに入社させ、入社後の早い段階から高い成果を要求して、その要求にこたえられる人だけを残し、要求にこたえられない人は早期に辞めさせていく、という企業もあります」と、上西教授は指摘している。加えて「あなたの能力を問うプロセスも省略して、『やる気』『熱意』『成長』といったことばかりを抽象的な形で強調している企業は、要注意」と助言する。

   「ブラック企業の見分け方」については、「プレジデント」2014年2月17日号でも取り上げられた。本稿で示した点だけでなく、「就職四季報」を使って企業の本質をある程度読み解くポイントはまだある。企業側の心地よい誘い文句だけに惑わされず、客観的な数字をいくつも分析することで「ブラックか否か」が見えてきそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中