横の中年女性が「何かというと舌打ち」 どう対処したらよいか

印刷

   「横のババアが働きません」という、やや過激な書き出しで、職場の同僚女性(40半ば過ぎ)に関する悩みが寄せられていた。この女性は、「何かというと舌打ち」し、被害妄想が激しく、書類を投げたり、歩く際に靴をカツカツと音を鳴らしたりもするそうだ。Yahoo!知恵袋に2014年2月4日、投稿された。

   投稿主は、こんな女性への対処法を質問している。女性は、上司や年上社員に対して、ため口や「バカにした態度」で接しており、仕事をろくにこなさないため、彼女の仕事の半分以上も投稿主にふってきてしまったそうだ。よほど頭に来ているのか、

「何かぎゃふんと言わせる方法でもあったら併せて教えて下さい」

とも要請している。

「無視して自分の仕事に集中してください」

   対して回答は、これまでのところ「穏便に済ます」ことを勧める内容となっている。

   「ぎゃふん」と言わせても、その後かえって投稿主への攻撃性が増すことを心配し、転職の検討や「(どこにでもそういう人はいるので)攻撃を軽くかわせるような人」になることを勧める回答もある。

   ほかにも、「温かい目で見てあげましょう」「(そういう人の降格や解雇を待ち、それまで)自分のスキルアップに努めてください」「無視して自分の仕事に集中してください」といった具合だ。

   案外、投稿主が女性を無視して仕事に励み、メキメキとスキルアップしていったら、そのとき女性が「ぎゃふん」というのかもしれない。保証の限りではないが…

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中