2018年 8月 16日 (木)

五輪選手に学ぶ「平常心」 「大事な時に勝てない奴」にならないために

印刷

   五輪でメダル間違いなしと言われながら、結果が出せなかった選手がいれば、十二分に実力を発揮して「想定外」の表彰台に立ってしまう選手もいる。フィギュアスケート男子で羽生結弦選手に敗れ「銀」に終わった、パトリック・チャン選手は、「金」を期待されていただけに、祖国カナダの心ないファンから「choker!(大事な時に勝てない奴)」という不名誉な烙印を押すツイートが相次いでいる。

   実際、期待外れに終わった選手の多くが「緊張してしまった」とコメントしているように、五輪とは、大舞台のプレッシャーに負けずにいかに実力を発揮するかが問われる場でもあるようだ。

手足を思いっきり伸ばして、大きな自分をイメージ

   大きなプロジェクトのプレゼンや、昇格試験。第一希望の会社の面接。オリンピック選手でなくとも、最高のパフォーマンスを求められる勝負場面は数多い。米フォーブス「勝者が平常心を保つ10の方法」(2014年2月6日配信)によると、「自分自身を肯定する」「『たられば』は考えず、現実にフォーカス」「悪い状況においても常に良い面を見る」などが、勝利者となるために実践するべきメンタルコントロール法だそうだ。

   ビジネスパーソン向けに書かれた同記事は、五輪選手の悲喜こもごもに刺激されてか10日過ぎた段階で、フェイスブックで1万5000近い「Likes(いいね!)」を獲得し、8300人以上にシェアされるなど大きな反響を呼んでいる。

   ユーザーからは「心配症なので、とても参考になった」「このリストは役に立つね!」などの反応に混ざって、「一日に5分だけでも手足を思いっきり伸ばして、大きな自分をイメージするのもいいよ!」「僕は他人の評価に左右されず、自分のフィーリングだけを信じるようにしている」など、自分なりのストレスへの対処法を伝授するコメントも多かった。(NF)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中