超有名大卒の女性たちが「進化した主婦」をめざす 企業はさらりと捨てられる

印刷

   『ハウスワイフ2.0』(エミリー・マッチャー著、森嶋マリ訳、文藝春秋)。2014年2月24日発売。1600円プラス税。著者は、ハーバード大卒。地元大学の研究室に勤めるも離職、現在は田舎暮らしをしながら夫と手作りライフを楽しんでおり、自身も「ハウスワイフ2.0」だ。文藝春秋サイトによると、

「『私たちは会社に使われない新しい生き方を求めている』……ハーバード、エールなど一流大学を出ていながら 投資銀行、広告代理店、官庁などの職を捨て 続々と主婦になるアメリカの若い世代」
「けれども彼女達は、これまでの主婦とはまったく違う。自分で生き方を選択するハウスワイフ2.0なのだ。(略)」

   アメリカのメディアで「大論争を呼んだ」内容で、「ストレスのある高報酬より、ほっとできる暮らしをする」「ブログで発信し、起業する」といった生き方を選んだ女性たちの多くの実例が、紹介されている。こうした波は日本へも?


   この本に対する「読みたい度」はどれくらいですか? 記事下の「1クリック投票」からご参加下さい。コメントもお待ちしています。

『ハウスワイフ2.0』
『ハウスワイフ2.0』
『ハウスワイフ2.0』、あなたの「読みたい度」は?
すごく読みたい
読んでもいいかな
もう読んだ
微妙
その他
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中