リクルート、IT人材4割増 全額会社負担の「米国でインターンシップ」も

印刷

   リクルートホールディングスは、データ解析などのIT(情報技術)人材を4割増やす。2015年春までに新卒や中途などで専門人材を300人超採用し、中堅ネット企業に匹敵する1000人以上の陣容とする。2014年2月21日、日本経済新聞が報じた。研修施設も新設し、IT人材の採用・育成に10億円を投じる。

   主力の紙メディア事業で成長が描きにくくなり、IT人材を取り込みビッグデータ活用などネット分野の事業を強化する。

   また、ブランド浸透のため、3月には日本のIT系の学生を対象にしたインターンシップを米国で実施。リクルートが全額を負担して、2週間の日程でマサチューセッツ工科大学や有力ベンチャーキャピタル、ベンチャー企業などを訪問する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中