2018年 7月 19日 (木)

ホンダ、初めて外国人役員と女性役員を登用

印刷

   ホンダは、執行役員にホンダサウスアメリカ・リミターダ取締役上級副社長のイサオ・ミゾグチ氏が就く人事と、社外取締役に芝浦工業大学大学院教授の國井秀子氏が就任することを、2014年2月24日に発表した。本社役員に外国人と女性を登用するのは初めて。

   ミゾグチ氏はブラジル国籍を有する日系ブラジル人で、現在モトホンダ・ダ・アマゾニア・リミターダ取締役社長も兼務している。4月1日付で南米地域担当の執行役員として就任する。

   國井氏は現在、芝浦工大大学院工学マネジメント研究科教授で、同大学学長補佐。男女共同参画推進室長も務める。内閣府の男女共同参画推進連携会議議員メンバーでもある。6月に開く定時株主総会を経て就く予定。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中