日本取引所、若手社員の給与引き上げ 6年ぶり

印刷

   日本取引所グループは2014年4月から、20歳代を中心とする若手社員の給与を引き上げる。斉藤惇グループ最高経営責任者(CEO)が2月25日の定例記者会見で明らかにした。 賃上げについて、斉藤CEOは「ベースアップをしたい。引き上げ幅は労働組合と協議する」と述べた。

   対象となる若手社員は、日本取引所グループの社員数1157人のうち約250人にあたる。ベースアップが決まれば、経営統合前の東京証券取引所では2008年に引き上げて以来6年ぶり。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中