2019年 1月 23日 (水)

スタバ、契約社員を正社員に 800人が対象

印刷

   スターバックスコーヒージャパンは2014年4月1日から、約800人いる契約社員すべてを正社員として雇用することが、2月27日にわかった。店舗で働く契約社員の待遇を改善することで、サービスの質を高めたい考え。

   同社の正社員は約1800人おり、国内にある約1000店の店長は原則として正社員が務める。契約社員は店長を支え、店舗運営の中心的役割を果たしてきた。今後の出店計画をにらんで店長候補を増やす狙いもある。

   契約社員は労働時間が正社員並みになる場合もあるが、1年契約の時給制で通常のボーナスはない。正社員になると、月給制となりボーナスも出るため、給与総額は現在より増えるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中