過激なツッコミで学ぶ統計学 回帰分析を味方にする方法

印刷

   『この世で一番おもしろい統計学 誰も「データ」でダマされなくなるかもしれない16講+α』(アラン・ダブニー著、グレディ・クライン=イラスト=、山形浩生訳、ダイヤモンド社)。著者は、テキサスA&M大学統計学部准教授。2014年1月発売。1575円(税込)。ダイヤモンド社サイトによると、

「とっつきやすい構成と、過激な合いの手で(一部で)大好評のシリーズ第3弾! 今度のターゲットは、みんな苦手な統計学! 標準偏差、p値、回帰分析……難解な統計学の考え方を、マンガと鋭いユーモアで解説」

   学生をはじめ、「ビッグデータ時代に乗り遅れたくない人」までを対象とする「使える」入門書だとうたっている。


   この本に対する「読みたい度」は、どれくらいですか? 記事下の「1クリック投票」からご参加ください。コメントもお待ちしています。リンク先の出版社サイトもご覧ください。

『この世で一番おもしろい統計学』
『この世で一番おもしろい統計学』
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中