三井住友・みずほに初の女性役員

印刷

   三井住友銀行は2014年3月26日、成長産業クラスター室長の工藤禎子氏(49)が4月1日付けで執行役員に就任すると発表した。

   工藤氏は、総合職採用の第1期生として1987年に入行。プロジェクトファイナンスのキャリアを積んで、海外勤務も経験した。現職には2012年から就いている。女性役員の登用は同行初。

   また、みずほ銀行でも初の女性役員登用が決まっている。3月14日の発表によると、ALCアドバイザリー部長の有馬充美氏(51)が4月1日付けで執行役員となり、今後はコーポレートアドバイザリー部長として活躍する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中