ビジネスの武器としての「世界史」 10の視点で5000年を読み抜く

印刷

   『仕事に効く 教養としての「世界史」』(出口治明、祥伝社)。著者は、日本で初めて独立系生命保険会社を立ち上げた、ライフネット生命保険会長兼CEO。京都大で「国際人のグローバル・リテラシー」歴史講義も受け持った。2014年2月発売。1838円(税込)。祥伝社サイトによると、

「先人に学べ、そして歴史を自分の武器とせよ。人類5000年史から現代を読み抜く10の視点とは」

   世界で活躍する日本のビジネスパーソンが、各地で「日本の文化や歴史」などについて問われることは日常的になってきた、と著者は指摘する。さらに、日本を知りたければ、世界の歴史を知ることだと訴える。


   この本に対する「読みたい度」は、どれくらいですか? 記事下の「1クリック投票」からご参加ください。コメントもお待ちしています。リンク先の出版社サイトもご覧ください。

『仕事に効く 教養としての「世界史」』
『仕事に効く 教養としての「世界史」』
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中