育児休業給付「半年間は67%」へ引き上げ 改正雇用保険法、4月から施行

印刷

   子育てで休業する家庭に対する「育児休業給付」の引き上げなどを柱とする改正雇用保険法が2014年4月1日に施行される。参院本会議を3月28日に可決、成立した。

   現行の育児休業給付は、育休前の賃金の50%を1年間支給しているが、今回の改正に伴い、半年間に限って67%に引き上げる。収入が大きく減らないようにすることで、男性の育休取得率を高める狙いがある。共働き世帯の場合、夫婦が半年ずつ交代で育休を取得すれば、1年間、増額給付を受けられる。

   また、就職に結びつく資格取得を助成する「教育訓練給付」を、現行の1年限り、上限金額10万円、補助率2割の補助から、原則2年(最長3年)、年48万円を上限に、かかった費用の最大6割を補助することにした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中