「春闘」賃上げ、中小企業が「例年にない」健闘 平均額、前年より1200円超増

印刷

   2014年の春闘は、中小企業の健闘もあって、ベースアップと定期昇給をあわせた全体の賃上げ額は平均で6495円と前年より1211円増加した。連合が第3回の集計結果を2014年4月1日、発表した。3月31日時点で1962の労働組合が回答を得ている。回答労組数も前年より431上回っており、連合は早期解決に向けた取り組みが進んでいると評価した。

   パートやアルバイトといった非正規労働者の時給については、129労組が回答を得ており、平均で14.08円引き上げた。

   また、従業員数300人未満の企業労組で回答を得たのは1178で賃上げ額は4810円、増加分は650円だった。連合の古賀伸明会長は「中小企業が例年になく健闘しているのは事実」と評価した。

   全体ではまだ63.4%の労組で春闘交渉が続いている。

   

   

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中