タモリ・パワー炸裂 「理想の上司」10年史にみる「強さ」

印刷

   人気バラエティ番組「笑っていいとも!」が、32年の歴史に幕を閉じた。3月31日(2014年)の夜特番では、司会を続けてきたタモリさんに対し、出演者らが、人によっては涙ながらにタモリさんへの感謝や思い出を語っていた。

   そのタモリさん。毎春、新社会人にきく「理想の上司」(明治安田生命保険調べ)の上位常連だ。2014年春の発表では、タモリさんは4位に入っていた。1位は、5年ぶりで返り咲いたイチロー選手だった。

10年でトップ10入り「8回」で、2位

   直近10年間の「男性上位10位」に入った回数を調べてみると、タモリさんは8回で2位。「お笑いビッグ3」と並び称される、明石家さんまさん(4回)、北野武さん(2回)の2人を大きく上回った。

   2014年1位のイチロー選手でも6回だ。芸能人では、阿部寛さんの6回が目につく。2位のタモリさんを上回り、(10年間のランキング回数)1位となったのは、所ジョージさんで何と10回。今回調べた2005年以降、14年まで毎回トップ10入りしている。

   10位以内のランキングの中で、一番上になった順位をみると、タモリさんは4位(4回ある)で、所さんは2位(2008年)。お笑いでは、関根勤さんが2010年に1位になったことがある。

   いずれにせよ、お笑い界だけでなく、スポーツ、芸能界、政界の人を含め、タモリさんの「強さ」は、筋金入りと言えそうだ。

   「いいとも」最終回から2日経った4月2日のツイッターでは、出演者だったベッキーさんが「みんなタモリさんが好き」などとつぶやいていた。

   「理想の上司」といえば、部下からすれば、「悩み事を相談しやすい」タイプと言えるだろうか。ビジネスや会社員生活の悩みに対し、タモリさんならどんな風に答えてくれるのだろうか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中