2018年 12月 10日 (月)

60歳以上も昇給・昇格が可能に 大和ハウス工業

印刷

   大和ハウス工業は、仕事の成果に応じて60歳を過ぎても昇給や昇格がある新たな人事制度を2014年4月から導入した。3日に公表した。これまでは定年の65歳まで給与が上がらない制度だったが、待遇改善で社員の意欲を高める。

   60歳以降も働き続けることができる企業は増えているが、昇給や昇格があるケースはめずらしい。

   大和ハウスは2013年4月から定年を60歳から65歳に引き上げた。ただ、60歳に達した段階で年収がそれまでの6~7割程度に下がっていた。新たな制度では、60歳以上の社員を対象に「常務理事」などの役職を設けた。年1回の評価で昇格すると、給与が上がる仕組み。

   対象となる現在60~64歳の社員は約500人おり、昇給分として人件費が1億円程度増える見込み。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中