2018年 8月 19日 (日)

60歳以上も昇給・昇格が可能に 大和ハウス工業

印刷

   大和ハウス工業は、仕事の成果に応じて60歳を過ぎても昇給や昇格がある新たな人事制度を2014年4月から導入した。3日に公表した。これまでは定年の65歳まで給与が上がらない制度だったが、待遇改善で社員の意欲を高める。

   60歳以降も働き続けることができる企業は増えているが、昇給や昇格があるケースはめずらしい。

   大和ハウスは2013年4月から定年を60歳から65歳に引き上げた。ただ、60歳に達した段階で年収がそれまでの6~7割程度に下がっていた。新たな制度では、60歳以上の社員を対象に「常務理事」などの役職を設けた。年1回の評価で昇格すると、給与が上がる仕組み。

   対象となる現在60~64歳の社員は約500人おり、昇給分として人件費が1億円程度増える見込み。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中